コンビニで購入できるおすすめの低糖質食品はどういったものがあるのか?

低糖質

糖尿病の人だけでなくダイエット中の人にも、カロリー管理のためには糖質制限はとても大切なことです。

でも糖質制限を考えたメニューにすると、どうしても味気ない食事内容になってしまいます。

また毎日毎日糖質制限を考えながら献立を立てるのって、結構大変ですよね。

そこで今回は忙しい人にはうれしい、コンビニで気軽に購入できるおすすめの低糖質食品を紹介したいと思います。

コンビニにはいったいどういった低糖質食品が販売されているのか、コンビニ独自で開発された商品からよく取り扱われている他社の商品まで、おいしく糖質制限ができる売れ筋商品をピックアップしてみました。

ロカボマークが付いたローソンの低糖質食品がスゴイ!

数あるコンビニの中でも特に低糖質食品に力を入れているのが、大手コンビニエンスストア―のローソンです。

ローソンが独自で開発した低糖質食品にはロカボマークが付いていて、これを選べばおいしくしかも手軽に糖質制限ができるようになっています。

ちなみにロカボとは糖質コントロールを行う食生活のことで、1日の糖質量を70gから130gを目安に制限することで血糖値の上昇を緩やかにし、糖尿病改善やダイエットに効果を表すことを目指しています。

ローソンの低糖質食品おすすめ

ロカボマークが付いたローソンの低糖質食品は数多くありますが、その中でも手に入りやすく人気のあるおすすめ商品を挙げてみました。

食物繊維たっぷりの低糖質パン、ブランパンシリーズ


ローソンのロカボ食品と言えば、ブランパンシリーズです。

ブランパンにはプレーンのものからおかずパン、さらには菓子パンまで多くの種類がラインナップされています。

ブランパンとは果皮や種皮が粉砕された状態(ふすま)で残っている小麦で作ったパンのことで、製粉されたパンよりもミネラルが豊富で食物繊維が多く、その分糖質も低くなっています。

ふすま入りのパンはパサパサして食べにくいものが多いですが、ローソンのブランパンは普通のパンと比べてもそん色なく、プレーンのものでもおいしく頂けます。

プレーンのブランパンの糖質量は1個2.2g、チーズ入りのブランパンは1個2gと、普通のロールパンに比べるとナント10分の1程度になっています。

ブランパンシリーズのおかずパンや菓子パンも低糖質なので、糖尿病の人やダイエット中の人でも適度な量なら罪悪感なくいろいろなパンが楽しめるのです。

ちなみにローソンではブランパン以外にも、チーズとハムのロールパンが販売されているのでこちらもお試しあれ。

糖質は1個当たり8.8gと、こちらも低糖質に押さえてあります。

初体験!彩り野菜と熟成ベーコンのピザ

低糖質のピザは業界初で、生地に難消化性小麦でんぷんを混ぜ込むことで、ピザ生地の糖質を押さえてあります。

ピザ一つで糖質が28.8gとかなりのロカボになっています。

ベーコンとチーズがたっぷりトッピングされていますが、濃厚なトマトソースにピーマンやブロッコリー、ブラックオリーブなど野菜もふんだんに使われていますので、ダイエット中でも安心して食べられます。

ヘルシー!おいしい!野菜で食べる生パスタ

野菜をふんだんに使ったパスタはヘルシーですが、パスタ自体の糖質が気になるところですね。

でもローソンの野菜で食べる生パスタなら低糖質にもかかわらず、具だくさんでもっちりした生パスタの食感が楽しめておいしく頂けます。

低糖質のヒミツは、パスタに練り込まれた難消化性でんぷん。

パスタの味を損ねることなく、トマトソースなら糖質が33.8g、ほうれん草クリームなら31.3gとおいしく糖質制限ができます。

他のコンビニでも手に入りやすい低糖質食品について

ローソンのように自社商品として販売されてはいませんが、他のコンビニでも手に入りやすい低糖質食品はいろいろあります。

そこでどこのコンビニでも手に入りおいしく糖質制限ができる、おすすめの低糖質食品をピックアップしました。

麺類好きの人には紀文の麺がおすすめ!

コンビニで比較的手に入りやすいものにはブランパンなどがありますが、パンだけでなく他の他低糖質食品も食べたい…そんな人には紀文から発売されている2種類の麺がおすすめ。

一つ目は紀文豆腐そうめん。
見た目はほぼそうめんなんですが、原材料が豆腐でできています。

そうめんのような歯ごたえは期待できませんが、本枯れ節を使ったこだわりの麺つゆで食べるとツルツルとおいしく頂けます。

糖質は11.3gと普通のそうめんのおよそ3分の1以下に抑えてあるので、ダイエット中の人でも気兼ねなく食べられます。

もう一つは紀文の糖質0g麺。
こちらは完全に糖質をカットしてあるので、さらに糖質制限が必要だけれど麺類が好きでやめられないという人にぜひおすすめです。

ちゃんと器に入っていておろしポン酢つゆが添付されているので、水きりするだけで食べられます。

ただ麺とつゆだけなので、トッピングに錦糸玉子や刻みのりを入れるとさらにおいしいです。

おつまみにもグー!塩焼き鳥

コンビニの高たんぱく低カロリー・低糖質のダイエット食品といえば、サラダチキンが思い浮かぶかと思いますが、他にも塩で味付けした低カロリーで低糖質の焼き鳥があります。

たれ付きは甘味がつけてありどうしても糖質がアップしますので、必ず塩焼き鳥を選びましょう。

ごはんだけでなくちょっとしたおつまみにもなるので、低糖質のごはんとお酒で頂けば上手に糖質制限ができます。

ゆで玉子に飽きたらだし巻きの玉子焼きを

ダイエットや糖質制限食にゆで玉子を食べているという人も多いかと思いますが、ゆで玉子だけではどうしても飽きがきますよね。

そこで同じく低糖質の玉子料理がだし巻きの玉子焼きです。

だし巻きは玉子にだしを入れて焼いてありますが、だし自体は低カロリー低糖質の優秀な食品なので、ゆで玉子と同じくダイエットや糖質制限食に使えます。

ちなみにだし巻きの玉子焼きの横に厚焼きの玉子焼きも売っているケースが多いですが、厚焼きは砂糖を使っているので糖質がだし巻きに比べると一気に3~4倍に跳ね上がってしまいます。

購入する際はくれぐれも間違えないようにしましょう。

まとめ

ダイエットや糖尿病で糖質制限をしているという人は、従来ならおいしい食事は望めなかったかもしれません。

しかし最近ではコンビニをはじめ飲食業界の企業努力で、普通の食品と同じくらいにおいしく頂ける食品が次々に登場しています。

ちょっと糖質を控えなければいけないと思えばコンビニで低糖質食品をチョイスすればいいので、忙しくて自炊する時間が十分に取れない人でも簡単に健康管理ができるようになりました。

たとえ忙しくても、肥満体型や病気になる前にコンビニをうまく利用すれば、いつまでもスリムな体型と健康を維持できるわけです。

コメント