ダイエットに肥満遺伝子検査ってどんなものなの?

ダイエット

ダイエットを実践している人の中には、効果がしっかりと表われてスリムな美ボディを手に入れたと喜ばれている人もいるかと思います。

ところがその一方では、こんなにダイエットを頑張っているのに、あるいはいろいろなダイエットに挑戦しているのに効果が今ひとつ実感できない、それどころかリバウンドで余計に太ってしまった…と悶々としている人も少なくありません。

この結果の違いは、いったいどこから来るのでしょうか?
ひとつはダイエット方法があなたに合っていないということが挙げられます。

そこで今回は、あなたにピッタリのダイエット方法が見つけるイチオシの方法、肥満遺伝子検査について紹介していきたいと思います。

これであなたもリバウンドに苦しめられることから解放されるかも!

ところで肥満遺伝子っていったいなに?

肥満遺伝子とは簡単に説明すると、親から肥満になりやすい体質を引き継ぐ遺伝子ということです。

この肥満遺伝子、子孫に伝える遺伝子情報の中でもナント、50種類以上も発見されているのだそうで、その中でも日本人に多いものとして3種類の遺伝子の研究が進められています。

しかも悲しいことに、この3種類の肥満遺伝子を持っている日本人が85%もいるというのです。

これは海外の例と比較すると相当多いらしく、日本人は太りやすい体質の人が非常に多い国であるといえます。

日本人に多いと言われる肥満遺伝子の種類は?

それでは日本人に圧倒的に多いと言われる肥満遺伝子の種類とは、いったいどのようなものなのでしょうか?
代表的なもの3種類について説明していきます。

β3アドレナリン受容体遺伝子(β3AR)

ポッコリお腹のメタボ体型の人は、この肥満遺伝子が関係していると考えられます。

基礎代謝が普通体型の人に比べると1日約200kcal低くて糖質の代謝が悪く、高脂血症や脂肪肝、糖尿病などの生活習慣病にかかりやすいのが特徴です。

日本人のおよそ34%が保有していると言われています。

アンカップリングプロテイン遺伝子(UCP-1)

いわゆる「下半身デブ」と言われる体型の人は、この肥満遺伝子が関係していると考えられます。

基礎代謝が普通体型の人に比べると1日約100kcal低くて、主に脂質の代謝が悪くいったん太ると痩せにくいのが特徴です。

脂質が体内に蓄積すると悪性腫瘍の病気にかかるリスクが高まり、女性の場合は冷え性や婦人病に注意する必要があります。

日本人のおよそ25%が保有していると言われています。

β2アドレナリン受容体遺伝子(β2AR)

この肥満遺伝子は先ほどの2タイプとは逆で、保有している人は代謝が普通体型の人と比べると1日約100kcal高いので、別名、逆肥満遺伝子とも呼ばれています。

この説明からすると一見太りにくい体質の人だと思われますが、実はかくれ肥満になりやすいタイプなのです。

見た目はほっそりとしてますが筋肉が付きにくいので基礎代謝が低下しやすく、いったん太るとなかなか痩せることができません。

またこの肥満遺伝子を保有している人は心臓病や低血圧、うつ病にかかりやすいとも言われています。

日本人のおよそ16%が保有しています。

肥満遺伝子は一生変わらないのか?

では肥満遺伝子のある人は、努力してもそれほど痩せることはできないのでしょうか?
いいえ、そんなことは決してありません。

遺伝子には一生涯変わらないものと、変化していくものとがあり、肥満遺伝子もその例外ではありません。

また脂肪や糖質が分解されにくい、燃焼されにくい体質は変わらないとしても、運動をしたり身体を温めたりすることを習慣づけて代謝機能が高まれば、スリムな身体になれることも夢ではないのです。

ちなみにタレントさんの中には太りやすい体質なのに、努力してスリムな体型を維持している人も結構います。

肥満遺伝子検査を行ってみよう

そしたら自分の肥満遺伝子はいったいどのタイプなのでしょうか?
実際に肥満遺伝子検査を行ってみましょう。

肥満遺伝子を知ることで自分に最も合ったダイエット方法を見つけやすくなり、ダイエットに挑戦してはリバウンドを繰り返すというリスクを回避することができます。

肥満遺伝子検査の方法

肥満遺伝子検査の方法はいたってカンタン。

綿棒などで口内の粘膜細胞をこするように採取し、それをPCRという装置にかけて分析するだけです。

血液を採取する必要がないので、注射針が苦手な人でも大丈夫です。

検査は美容クリニックやダイエット外来などの医療機関でも受けられるほか、ネットで肥満遺伝子検査キットを購入して自宅で自分でも行えます。
自宅でキットを購入して行う場合は、データを返送してから2~3週間で検査結果がわかります。


DNA SLIMダイエット

まとめ

ダイエットを行う際に最も大切なことは、自分の体質を正確に把握しておくこと。

そのためにも肥満遺伝子検査を行って正しいデータを出してから、最も効率的で効果が実感しやすいダイエットを実践することが理想的です。

たとえ大々的に効果があると宣伝されているダイエット食品やアイテムを使って実践しても、自分の肥満遺伝子に合っていなければ苦労も水の泡になってしまい、身体ではなくおサイフだけがスリムになるだけです。

心と身体の健康を保ちながらダイエットを行うためにも、肥満遺伝子検査はぜひおすすめです。

コメント